30代前半女性の婚活体験談

婚活しようと思ったきっかけ・年代

婚活をしようと思ったきっかけは、周りの友達が次々と結婚をしていって、結婚をしていない人が自分を含めて数える程度しかいなくなったことです。以前は合コンに行こうと誘われることもありましたが、結婚してそれぞれの生活や子育てがあるので、誘いも次第になくなっていきました。このまま過ごしていたら一生独身のままだと焦るようになっていきました。20代のころは友達と遊んでいることが楽しいですし、結婚はそのうちできるだろうと思っていましたが、30代になって異性との出会いが全くなくなっていました。結婚適齢期にさしかかり、何も行動を起こさないでいたら後で絶対後悔をすると思い、異性との出会いを求めて婚活を始めるようにしました。

どんな婚活方法をしましたか?

最初は、一度に多くの男性と出会うことのできる婚活パーティーに参加するようにしました。何回か行きましたが、カップルになりたいなと思うような男性と出会うことができず、相手の男性の番号を書くことはありませんでした。身元がはっきりしていないので、信用することもできませんでした。そこで、身元がはっきりしていて結婚を意識している結婚相談所で婚活をすれば結婚に近づけると思い、相談所に入会をして活動をすることにしました。意識したことは、話しをしなければ相手を知ることができないので積極的に自分から話しをすることを心がけて、相手の興味があるようなことを見つけて話しを聞いて、お見合いという場を楽しむことを心がけました。